Soprano福田美樹子公式ホームページ

飛んでいるのだ

日曜日の朝です。

声楽家 福田美樹子です。

昨日は4月9日のリサイタルのリハでした!リサイタル詳細はこちらです。

ピアニスト本田聖嗣さんとの時間はいつもエキサイティングです。今回はプーランク 作曲「かりそめの婚約」から3曲を取り上げて演奏することになっています。

「かりそめの婚約」はアルバム「あなたなんか愛していない」にも全曲収録しています。女流詩人ヴィルモランが、第二次世界大戦中にハンガリー人の夫と共に祖国フランスを離れてハンガリーに滞在中に書いた詩をプーランク に送り、作曲されました。

今回のリサイタルではその6曲の中から3曲を選びました。

中でも本田さんのピアノとil vole「飛んでいるのだ」は楽しみの一つです

ピアノも歌も息を吸う暇がない超絶技巧と早いパッセージと、瞬時にパタパタと回転する強弱、スラー、スタッカート、回転、、、

それでいて滑らかなところはうっとりとさせる、、、
身体作りはたくさんしていますが、どこの筋肉がこの曲のこのフレーズに合うか、、
最近始めたボクシングの動きもすごく使えますし、テニスの動きも、歌の歌い出しテクニックに活用できます。全ては結果として出てくる音色のための下準備の仕事です。

リサイタルでは音楽そのものを

十分に楽しんでいただきたいと思っています。

3分の1の座席数で感染対策を充分に施し実施されます。

生きる力がみなぎっていてパワーを感じる一曲です

 

アスリートと声楽家は近いものがあります。

あなたの活動の参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました

6月のギタリスト徳永真一郎さんとのギターとソプラノのデュオリサイタルもお楽しみください

デュオリサイタルについて詳しく知る

 

 

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。